佐賀県佐賀市でBLE見守りサービスがスタートします
2022.12.22

otta、佐賀市およびイワタニ九州と「見守りサービスの導入に関する協定」を締結

株式会社otta(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:山本文和、以下「otta」)は、12月22 日(木)、佐賀県佐賀市(市長:坂井英隆、以下「佐賀市」)およびイワタニ九州株式会社(代表取締役社長:山﨑敏孝、以下「イワタニ九州」)と、子どもと高齢者の安心かつ安全な暮らしの実現を目的に、「見守りサービスの導入に関する協定」を締結しましたことをお知らせいたします。また見守り環境の整備や見守りサービスの周知において、佐賀市と包括連協協定を締結している日本郵便株式会社(以下「日本郵便」)の協力も得ることで効率的なサービス運営を進める計画となっております。

◆「見守りサービスの導入に関する協定」概要
<サービス対象地区及び対象者>
・佐賀市内の公立小学校(一部の小学校より順次導入予定)に就学する児童及びその保護者。
・対象の小学校に入学する小学1年生全員に見守り端末を無償で配布、小学2~6年生は希望する方全員に見守り端末を無償で配布

<役割分担>
■佐賀市
・各小学校(教職員、PTA等)に対し、本サービスの案内と加入促進
・対象児童へottaから無償提供される“見守り端末”の配布
・見守り人アプリ関係機関、地域住民に対する周知と登録依頼(見守り人アプリ)
■otta
・本見守りサービスの事業主体。
・システム構築に関する一切の業務(見守りスポット基地局設置、ルート設置等)
・対象学校へ見守り端末を配布
■イワタニ九州
・システム構築に関する補助
・自社機器を活用した見守りスポット基地局の設置
・協力事業者として、地域住民に対する周知と登録依頼(見守り人アプリ)
■日本郵便(協力者)
・対象となるエリアの郵便局舎への見守りスポット基地局設置
・協力事業者として、地域住民に対する周知と登録依頼(見守り人アプリ)

ottaでは、今後も、IoTテクノロジーの活用により、子どもの”安全”と親の”安心”を繫ぐ、新しい見守りサービスを提供してまいります。

プレリリリース全文

見守り端末を持つ方の
保護者が利用するアプリです。