2022年4月から石川県羽咋市でBLE見守りサービスがスタートします
2022.03.02

株式会社otta(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:山本 文和、以下「otta」)は、石川県羽咋市(市長:岸 博一、以下「羽咋市」)および株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:濵田 尚則、以下「アイ・オー・データ」)および国立大学法人 金沢大学 融合研究域 融合科学系 交通防災まちづくり研究室(所在地:石川県金沢市、准教授:藤生 慎、以下「金沢大学・藤生研究室」)および岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、代表取締役社長:間島 寬、以下「岩谷産業」)と、「見守りサービスの導入に関する協定」(以下、本協定)を締結し、子どもの安全かつ安心な暮らしの実現を目指します。

ottaが提供する「見守りサービス」は、専用端末を携帯する子どもが、域内に設置された「見守り基地局」付近を通過することで位置情報が記録され、記録された位置を保護者がスマートフォンで確認できるというもので、2022年4月から羽咋市立の6小学校の児童を対象に専用端末が配布されます。6小学校の児童の行動履歴は、個人情報を伏せた形で情報収集をして、解析を行い、交通事故防止に役立てます。将来的には、小学生のみならず、高齢者などにもサービス対象者を拡張させ、羽咋市が進めるスマートシティ化に寄与します。

<プレスリリース>
株式会社アイ・オー・データ機器

国立大学法人 金沢大学 融合研究域 融合科学系 交通防災まちづくり研究室

岩谷産業株式会社

株式会社otta

 

見守り端末を持つ方の
保護者が利用するアプリです。