OYATUYA.U(福岡:桜坂)
2016 1/22 金 10:00-12:00
otta Trial Cafe

第6回目の今回は、第5回目に引き続いて福岡開催!今回は、ottaをテスト導入していただいている警固小学校のお隣の赤坂校区にある、昨年10月にオープンしたばかりの「OYATUYA.U」さんで開催しました。
昨年オープンしたばかりにもかかわらず、福岡のママ達に大人気の焼き菓子屋さんは、オーナーさんのセンスあふれたステキな空間。2Fのカフェスペースで、大人気のあんこガトーショコラをいただきながら、オシャレな空間でのトライアルカフェとなりました!

otta trial cafe #6 in 福岡

6回目のトライアルカフェの参加者は、6名のママ達にご参加いただきました!そのうち3名のママが実際にottaをご利用中です。 前回のトライアルカフェにも参加いただいたママが、ottaに興味のあるお友達のママを誘って来てくださっていて、和気あいあいな雰囲気の中、まずは自己紹介からスタートです。

ottaの事は聞いたことはあるけど、実際に見るのは初めてで、どんなサービスなのかご存じないママもいらっしゃるので、パネルを使いながらottaの仕組みや、既存のサービスとの違いなどをご説明します。
そして、ottaをテスト導入している警固小学校の周りの普及状況について話がすすみます。

「現在は警固小学校を中心に、近くのコンビニやお店などにottaの基地局を設置しています。スーパーの宅配サービス会社とも提携しており、今後は学習塾などにも設置予定です。」と話すのはottaの山本さん。

基地局設置拠点については、ママ達からも色々ご意見をいただきました。
「学校の後の習い事が地域の公民館なので、ぜひ設置をしてほしい」とは美穂ママ。他のママ達もうんうんとうなずいています。 その他にも、「福岡の交通と言えば西鉄。そこに設置すればすぐに広まりそう!」「見守りといえば警察。こども100当番の家なんかもottaの見守り拠点になったら心強いです。」というご意見をいただきました。

そして、4月に発売を予定しているottaの新しい商品、子ども見守りホームWiFiルーター「otta(オッタ)」のご紹介。
家にあるインターネットのルーターをottaのホームWi-Fiルーターにするだけで、見守り拠点になるというもの。
まずはルーターの見た目に、ママ達から「小さい!コンセントに刺すだけなので邪魔にならないし、白くて丸い形もカワイイ!」との嬉しいご意見をいただきました!
「全世帯の約6割が夫婦共働きの家庭という、日中に家を不在にしている家庭が圧倒的に多い時代、家に子供が帰ってきた事を通知機能で知らせてくれるだけではなくて、ottaを持っている近所の子供の見守り拠点にもなります」とは、ottaの山本さん。

「“みんなで見守る”がottaのテーマ。スマートフォンにottaのアプリを入れている人だけを増やすのではなく、固定の見守り拠点を増やして、地域全体で見守れる社会を作っていきたいですね。」と、otta山本さん。

ルーターの他にも、子供が持つ新しい端末についてもご紹介。
「今の端末もランドセルにつけっぱなしで約2年はもちますが、お子様はつい遊びで防犯ブザーを鳴らしてしまいがち。鳴らせばやはり電池の消耗が速いので、そこを解決する新端末も現在ほぼ形になってきています。」とottaの山本さん。

端末については、ママ達にも思うところが色々あるご様子で、様々な意見が飛び交います。
「今のottaは、防犯ブザーにしては音が小さい。」 「端末をランドセルにつけている事で、犯罪の抑止力にもつながっていると思うので、できれば目立つ色のほうがいい。」 「逆に、犯罪者に見つからないような小さな端末で、こっそり持っていたほうがいざという時にいいのでは。」 など、色々ご意見いただきました。

「色々ご意見ありますが、結局のところ、全員が共通して思っている事は、大切な我が子を犯罪から守りたい。その気持ちなんですよね。」とottaの柳谷さん。

「子供が大きくなると、逆にottaで見張られているような気分にならないか心配」と心配する声も。 otta山本さん「自分でも四六時中見られていると思うと気持ち悪いですよね(笑)。「ottaは、お子様の足取りを常時監視するためのものではなくて、何かあった時にお子様を探す手がかりになる保険のようなもの。」と説明するのはottaの山本さん。
「たしかに。毎日足取りを見ていませんが、子供の帰りが遅い時に、ふと思い出して足取りをみたことはありますね。」と小2のお子さまをお持ちのこのみママ。

そして話題はottaの機能について盛り上がります。
「前回のトライアルカフェで、“ottaにタイマー機能があったらいいなあ”とママから出た意見が、実は反映されているんですよ。」とottaの柳谷さん。
「えー、気づきませんでした!」とママ達から驚きの声が。
otta山本さん「実際にottaを使ってくれているママ達の生の声が一番確かな情報。今後の改善や機能追加にどんどん活かしていきます。」 ottaアプリをスマートフォンにいれて見守り拠点を増やすために「ottaのゲームアプリを作っては!?」という新しいご意見も。トライアルカフェはカフェで机を囲んでワイワイと話す感じなので、ママ達の率直なご意見が活発にでてきますね!

「警固小学校では実際にottaを使っている方は多いと思うのですが、端末の電池が切れてそのままになっていたり、スマートフォンにottaのアプリをいれる段階でよくわからなくて止まっている方も多いかも。」とはこのみママ。
「せっかく良いサービスなのに、使われなかったらもったいない!こういう座談会や、アカウント登録会などが定期的にあったら、もっと使う人が増えるはず!」というご意見に、スタッフも納得。現在、ottaメンテナンスが気軽にできる場所づくりの検討も視野に入れています。今後は定期的なフォローをしていきたいと思います。

約2時間、ottaの今後の展開についてのお話し、ママ達の貴重なご意見ご感想をいただいて今回のトライアルカフェは終了。
すぐに使ってみたい!というママ達には、その場でottaの端末をお貸出しし、スマートフォンへのアプリダウンロードからアカウントの登録までを一緒に行いました。5分程度あれば登録できるのでとても簡単です。
周りにottaの基地局や、アプリをいれている見守り端末がまだ少ない地域だと、位置把握がまだ難しいかもしれませんが、使い心地を試していただいて、またご意見いただけたらと思います。
今後は、ottaテスト導入校である警固小学校を中心に、福岡市内全域をカバーできるように見守り拠点を増やしていく予定です。
街全体で見守り体制を作って、安心・安全な街にしていきたいですね!
大切なお子様をみんなで見守る、子供のみまもりサービス「otta」を実際使って知っていただける会「otta trial cafe」、
次回の開催は、決まり次第ottaのFacebookページで告知いたします。
カフェに行くような感覚で、ぜひお気軽にご参加くださいね!

スペース提供:協力

場所:『OYATUYA.U(オヤツヤユー)』 
住所:福岡県福岡市中央区桜坂3-11-66
電話:092-725-7070

見守り端末を持つ方の
保護者が利用するアプリです。